改善事例をご紹介します

70代男性/脳出血

 

脳出血を発症し、回復期病院を退院後に当センターを利用されているご利用者様です。
現在、「長下肢装具を使わずに自分の足で少しでも歩けるようになりたい」を目標にリハビリに取り組まれています。
週5回、当センターで1回120分のリハビリに励まれ、約1週間で歩く動作に改善がみられています。

 

30代男性/脳梗塞

 

脳梗塞を発症し、現在も当センターを利用されている30代男性のご利用者さまです。
「右足の回復」「装具を外して歩きたい」「釣りに行きたい」という3つの希望をお持ちでした。
徹底的なリハビリにより、脳卒中の方によくみられる「足の内反」を改善し、歩行能力が向上しました。
現在は装具を外して歩くことができるようになり、趣味の釣りにも行くことができるようになりました。

 

60代女性/脳梗塞

 

回復期リハビリテーション病院の退院を機に、当センターにリハビリ相談に来られたご利用者さまです。
歩行の改善を目指して「短期改善リハビリ」のプランを開始し、リハビリを始めてから4週間で歩行能力の向上がみられています。
ご本人・ご家族も改善を実感され、現状は杖を使てひとりで歩けるようになることを目標に、当センターのリハビリを継続されています。

 

 

2022年3月20日開催

脳卒中当事者トークセミナー 諦めない 歩いて外出~自費リハビリとの出会い、そして今~

3月20日に開催された、当センターで初の試みとなるオンラインでのトークセミナーの様子です。