脳梗塞・脳出血の後遺症に特化した
身体リハビリ&言語リハビリ

脳梗塞・脳出血の後遺症に特化した自費リハビリセンター。センター長は、神戸大学大学院で保健学の博士号を取得し、脳卒中リハビリを専門とする23年目の理学療法士です。在籍スタッフの臨床経験は平均17年、開設からのリハビリ実施実績は3,819件(2024年5月末時点)。歩行障害、腕や手の麻痺、手足のこわばり(痙縮)、運動失調、失語症、構音障害など、どのようなことでもお気軽にご相談ください。まずはリハビリ体験(要予約)で後遺症の状態を評価させていただき、専門的なリハビリに対する効果をお伝えします。当センターは地域に根ざし、脳卒中の皆さまの後遺症改善と目標達成に力添えします。

お知らせ

お知らせ一覧

TV放送されました!

当センターをご利用されている、吉田優太さんの特集VTRが 6月16日にサンテレビ...

改善事例をYouTubeで配信しています

 

過去の改善事例の動画はこちらから

 

テレビ番組で放送されました!

「病気を経て見つけた使命 兵庫県警 車いすの男性警察官」

 


 

所在地マップ