60日間週2回の効果的な脳梗塞改善リハビリプログラム

施設の紹介

施設のご紹介

「脳梗塞リハビリステーション神戸須磨」は神戸市須磨区で「特別養護老人ホームあいハート須磨」、「介護付有料老人ホームあいハート離宮前」を運営する社会福祉法人全電通近畿社会福祉事業団が新たに開設する”脳梗塞後遺障害に特化した自費リハビリ施設”です。

 

60日間のリハビリを通して後遺症の改善が実感できるよう、個別にリハビリメニューを作成し、経験豊富な理学療法士がマンツーマンで施術を行います。

当ステーションは150㎡を超える広い空間ですので、気持ちの面でもリラックスした状態でリハビリに専念していただける環境です。

 

完全予約制ですので、普段抱えているお悩みや不安、リハビリに対するご要望などなんでもお気軽にご相談ください。

担当の理学療法士が改善、解決へのお手伝いをさせていただきます。

 

当ステーションは、JR神戸線鷹取駅から徒歩3分程の医療テナントビル(神戸市須磨区大池町)にあります。また、周辺道路幅は広くマイカーでもわかりやすい場所にあり交通アクセスが良好です。

 

JR鷹取駅までの所要時間は、神戸駅から7分、明石駅から17分、姫路駅からは45分程度ですので、遠方からのアクセスも便利です。

 

 

アクセス等についてはコチラ

運営法人について

「脳梗塞リハビリステーション神戸須磨」は社会福祉法人全電通近畿社会福祉事業団が運営しております。

社会福祉法人全電通近畿社会福祉事業団は、1971年に全電通(現NTT)労働組合が設立した法人です。

同年、大阪府岬町に障害者施設「愛の家」、1995年に神戸市須磨区において特別養護老人ホーム「あいハート須磨」、2013年には同区に介護付有料老人ホーム「あいハート離宮前」を開設するなど、様々な福祉施設の運営を展開してまいりました。

社会福祉法人には新たな役割が求められる中、この度、今までの事業の枠を超えた保険外のリハビリサービス事業に参入することとなりました。

「共に生き共に認め合い支え合う笑顔あふれる福祉社会をつくること」を使命に、長年福祉施設の運営で得た経験や実績を生かしつつ、社会環境の変化や時代のニーズを見据え、新たな福祉サービスとして広く提供してまいります。

法人名 社会福祉法人全電通近畿社会福祉事業団
理事長 嶋本 佳和
事業内容 ・第一種社会福祉事業
 (障害児入所施設、障害者支援施設、特別養護老人ホーム等)
・第二種社会福祉事業
 (施設入所支援・生活介護、相談支援事業、老人デイサービス事業等)
・公益事業
 (日中一時支援事業、居宅介護支援事業、地域包括支援センター、有料老人ホーム等)
・収益事業(脳梗塞リハビリサービス事業)
設立 1971年1月8日
所在地

愛の家
(知的障害者施設、施設入所支援、生活介護、就労継続支援B型、グループホーム等)

 〒599-0301 大阪府泉南郡岬町淡輪1600

あいハート須磨

(特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター等) 

 〒654-0045 神戸市須磨区松風町4-2-26

あいハート離宮前
 (介護付有料老人ホーム)

 〒654-0065 神戸市須磨区離宮前町2-5-38
 

★ 脳梗塞リハビリサービスの提携施設

脳梗塞リハビリステーション福岡

 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-7 天神応順ビル7階

お問合せはこちらをクリック

Copyright© 【公式】脳梗塞リハビリステーション神戸須磨 , 2020 All Rights Reserved.