脳梗塞・脳出血について

脳梗塞

脳卒中の約6割を占めています。脳の血管が詰まることにより十分に血液が運ばれず、神経細胞が障害されます。病態により「ラクナ梗塞」、「アテローム血栓性脳梗塞」、「心原性脳塞栓」に分かれます。

代表的な症状には、つぎのようなものがあります。

・急に手足から力がぬける。

・片側の手足が痺れる。

・片脚が引きずっている。ものにつまずく。ふらふらして真っ直ぐに歩けない。

・言葉が出てこない、理解できない。

・めまい、物が二重に見える。

・物の半分が見えない。

このうち、最も多い症状は「身体の右半身か左半身に力がはいりにくくなる」という「運動麻痺」です。つぎに多いのは呂律がまわりにくくなる「構音障害」、相手が話していることが理解できない・言いたいことが話せないといった「失語症」です。ほかにも身体の痺れなどの「感覚麻痺」、左側の空間の認識が難しくなる「半側空間無視」もみられます。こうした症状が1つだけ出現したり、いくつかの症状が重複して出現することもあります。

 

脳出血

脳の動脈が破れて出血し、流れた血液が血腫をつくり、脳内の神経細胞を圧迫することで障害が起こります。脳出血は脳卒中の約2割を占めており、時には死に至ります。

主な原因は高血圧です。脳の血管は細くてもろく、さらに血圧の負荷が強くかかります。長期間、血圧が高い状態が続くと血管はさらにもろくなり、血管が破れやすくなります。

症状は脳梗塞と大きくは変わらず、手足の力がはいりにくい、呂律がまわらない、手足が痺れる、めまいなどがみられます。出血した部位や出血した量により症状は異なります。

出血部位は、被殻が約4~5割、視床が約3割、他には皮質下、小脳、橋にみられます。

 

クモ膜下出血

脳は外側から、硬膜、くも膜、軟膜で覆われています。くも膜と軟膜の間にはくも膜下腔と呼ばれるスペースがあります。くも膜下出血は、このくも膜下腔に出血が起こります。

原因としては、脳動脈の一部がふくらんだ動脈瘤の破裂によるものが多く、死亡率も他の脳卒中に比べ高く、後遺症を残す場合もあります。家系内に動脈瘤やくも膜下出血の方がいる場合は発生頻度が高く、高血圧、喫煙、過度の飲酒も発症の危険因子になります。

発症したときの症状としては、「頭を殴られたような激しい頭の痛み」、「意識がもうろうとする」、「嘔吐」、「物が二重にみえる」といったものが現れます。

© 2020 【公式】脳梗塞リハビリステーション神戸須磨